介護過程

第28回介護福祉士国家試験 筆記試験 合格点数 合格基準点 難易度 介護過程



合格基準点 合格率 Webアンケート 

【介護過程】試験総評コメントと問題難易度分析

分析票の見方
印1個の問題群で得点がとれていることが望ましい。(易しい問題)
★★印2個の問題群で、正答率50%前後が望ましい。(合否を分けそうな問題)
★★★印3個の問題群では、正答率20%前後が望ましい。(いわゆる難問)

5グラフ

試験問題(介護課程)と解説はこちら


頑張って学習したはずなのに、本試験では迷ってしまった・・・どなただって、こともありますよね。
問題64、問題66などは、帰宅して解いてみたら正解できた・・・こんな問題なのかもしれません。

全8問の【介護過程】では、得点目標8割として、5問正解なら、VERY GOOD!! です。

多くの受験生さんが得点できた問題は、できるだけ取りこぼさない。ここさえ守れば、ぜったい大丈夫!

他の科目で学習した多くの知識を統合して、実践の場で、具体的な展開過程を展開できるちからを

身に着けることが、皆さまには期待されています。

そのため、【介護過程】では、当然に事例問題が並ぶことになるのですね。

正しい介護過程展開には・・・

① 事例にあげられる利用者の疾病や、しょうがいの知識を身につけること
② アセスメントにより生活課題を明確にすること
③ 介護の基礎知識と、各試験科目に特有な知識をもって計画を作成すること


難易度分析・総評
人間の尊厳と自立、介護の基本
人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
社会の理解
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
総合問題

28cmicon kfbbs kf28yicon kf28icon



このページの先頭へ